WELCOME TO MY HOMEPAGE
行動する会 働き人
やられたら、しっかりとやり返す。しっかりと元を取り返す。その地点で初めてゼロに戻る。されど舐めるなふざけんじゃない!そこから、さらに押し返す。だって、俺たちの「寛容」に過ぎた沈黙を、それでも叩き潰したのは、オレ達ではない!アンタ達だからだ!



プロフィール


 昨年の12月に当事者達にとっては突然と降りかかった大量住民登録問題。大阪・西成、釜ヶ崎地区では30年にも渡り当たり前となっていた「住民登録」。何故なら、日雇い手帳(通称白手帳。日雇いや短期契約で各地を点々とする労働者が多いこの地では、労働日数分の印紙を手帳に貼ってもらい、それが最低13日以上、2ヶ月間続けて働くと、各月の労働日数に応じて、仕事がない時、つまりは、一般的にいうところの「失業保険」が受給される。そのための日雇い労働者雇用保険手帳のこと)の発行条件に十数年前から、住民票の提示が義務つけられた。

 その結果、この地を管轄している職安の対象地域、とくに簡易宿泊所が多く集まる「萩の茶屋」に「住所」を設定する必要が生じた。

 私たちも今回の問題に伴走するうちに法的に云われるところ「住所」の意味。それを管理する「住民基本台帳」の徹底的に国民管理だけを目的とした「違憲」性。そして、憲法に明記され保障されたほとんどの権利が、この悪法と関連付けられている実体を知ることと成った。

 その住民削除抵抗運動に立ち上がった「直接行動隊」や「日本人民委員会」そして個人有志が出会い結成された。

 特に1月後半から4月初旬まで、連日、休むことなくビラを書き続けた隊員と、同じく休むことなく早朝5時の釜ヶ崎職安センターでの情宣と西成区役所前での抗議行動を続けた隊員の功績ゆえに、現役の釜ヶ崎労働者、そしてかっての労働者の方々、そして野宿者や公園生活者の参加と協力があり、現在は「なめるな!国民。守ろう憲法!護憲派議員を応援する」勝手連、略して「なめ憲」勝手連運動を釜ヶ崎センターから、「リヤカー」引き引き通りを練り歩き、大阪市各地で展開中! 飛び入り参加大歓迎! 「過激に楽しく」が合言葉の行動隊。

 されど3月29日の2088名の住民票削除。俺たちは決して忘れない!そして、忘れさせない! 覚えておけ、大阪市長 関淳一そしてそれに連なる「腹黒たち」の群れ群れども、無論「安部」総理に代表される者たちよ!






フロム・エー・ナビ
無料着メロサイトめろりん♪
みなくるホーム
ハンゲーム




RAK2ホームページ作成
>> 誰でも作れる、超!簡単な無料ホームページ
あなたのホームページ・メールマガジンに広告を載せてみませんか?
成功報酬型で広告費を支払うエーハチネットがおすすめ。
  簡単!無料HP
  @games
  ゲーム特集
×