私の友人達 旅行大好き 写真撮りました



掲 示 板[トップに戻る][使い方][記事管理]  ・・・[ 投稿フォーム ]


FC2WEB

みなくるビデオ

みなくるホーム
 
アットゲームズ





「再度」ハワイアンズ1泊2日の旅(29・2・8〜2・9)
投稿者:白翁 2017/02/15(Wed) 12:30 No.181[返信]  
「ホテルハワイアンズ」よりはがきで半額案内来る。平成28年11月24日3名で東京予約センターに¥ 8,100で申し込む
5名で¥7,020円。1名当たり¥560円高くなる。12月6日1名追加、1名当たり¥7,560に変更。
7,560円+150(入湯税)+1,840(飲み放題)=9,550円 「ショウ」入場券付で安いな。
晴れ、西船橋駅改札口で8自5分友人と合流、皆な晴れやかな顔つき、年取っても旅行は嬉しいものか?
8時45分予定通り出発。座席前列より7番目、嫌な予感がする。3ヶ月前に申し込みで最前列と思って
いたのに。守谷SA・仲郷SA(11:58)でトイレ休憩、車中で持参した弁当を食べ、常磐線高速
いわき湯本ICで一般道路へ。スーパーリゾートホテルハワイアンズに予定より早く12時半に到着、
中森幹事がチェックイン手続。
フロントロービーで楽団付きでショウ・フラガールが踊っている。チェックイン13:00 東館3階2310号室
入ってびっくり何と狭いことか?椅子も腰掛もない、布団どのように敷くのだろう?最悪!荷物置くところなし。
内風呂なし、前回は3人で和室、洋室・トイレ2ヶ所、豪華であっただけに落差はひどい。東京予約センター
申し込みでなく現地ホテルで予約すれば良かったかもと反省・反省。早速「ショウ」観覧、若い人の躍動感、
素晴らしい。平日なのに大勢のお客、暇人が多いんだね。「シヨウ」を見てから入浴、6階の大浴場で疲れをとる。
夕食まで時間があるので部屋で雑談。従業員3名きて布団を敷きたいとの事、冗談でない、我々は何処に
待機すればよいの?怒ったが友人がまあまあと言うので布団を敷くのを認めた。上布団は重なりあったが
敷き布団は何とか重なることなく敷けた。従業員の手際良いな。通常は食事に行っている間に敷いているが
ここでは、お客より従業員の業務が優先するのか?待ちに待った夕食、18:30〜20:00 テーブルが小さい、
容器を置くと空き空間がほとんどない。4人では狭すぎる。
飲み放題は器具で注文すると従業員が持参いてくれる。最初は器具の使用法がわからず止まどった。
20:00食い放題・飲み放題、満足して「夜のショウ」を観覧。夜の観覧は指定席S席千円で見る。
ショウ・フラガールの顔の表情がわかる。若いエネルーギを貰い若やいだ気分。十二分に堪能し、露天風呂
「江戸情話与一」に行き「影絵」を鑑賞して部屋に戻り、楽しい雑談をして24:00就寝。
平成29年2月9日6時起床、
起きてびっくり雪が降っている。樹々に雪が積もり一面雪景色、素晴らしい。早速入浴、7:30朝食
流れるプールで遊ぶため水着持参したが昨夜の飲み食いで疲れ、その気力なし。予定変更して、
着替えて館内をぶらぶら散策。昼食は「江戸情話 与一」でビール・お酒をもみながら歓談、蕎麦を食べて
又「ショウ」見学、ホテルを予定より少し早く出発(15:25)、席は前から10番目、後列から3番目、
最後尾なら良かったのに。
いわき湯本IC15:30通過・友部SA(16:50)・守谷SA(17:45)トイレ休憩、順調に西船橋駅に到着、
(19:00)地下鉄東西線で帰宅(19:30)。
今回の旅行最悪、どうしてバスの席順を決めたのか?宿泊した部屋悪し、隙間風が入る部屋なんて初めての経験、
特別企画「オマール」海老、高級食材らしいが食べ慣れないせいか美味しくなかった。
「ショウ」フラワガールの若さ溢れる躍動を指定席S席で観覧できたのは本当に良かった。





霧降大江戸温泉1泊2日の旅(28/11/14〜15)
投稿者:白翁 2016/11/19(Sat) 16:05 No.178[返信]  

6:00出発〜蓮田SA(7:10〜7:20)佐野SA(07:45〜08:00)でトイレ休憩。
宇都宮IC出口(8:30)より一般道路を経て日光江戸村に到着(9:00)窓口でシルバー割引料金(3,290円)1日手形を購入して、大忍者劇場にわき目もふらず直行(9:20)
列に並び9:35から約30分演劇鑑賞。忍者の剣技、闘争凄い。暗い中での熱演、よく怪我しないものだと感心して劇場を出る。友人Sの変身のため入口付近の「変身処」に戻り、
新撰組の衣装に着替え江戸人に変身、よく似合う。水車小屋・道中小物「山六」・絵馬「天狗堂」・笠下駄「笹山」・御旅籠「下野屋」・薬種問屋「池田屋」等江戸の町を散策。
駕籠屋で友人Sを乗せ担いでみる。やっと籠を担ぐことができたが歩く事など出来やしない。昔の人は凄いな、唯々感心するばかり。越後屋で越後屋の主人に色々昔話を聞き友人S
越後屋の主人と写真を撮る。新撰組隊長「S」野試合、勝負引き分け。小伝馬町老屋敷を見学。石抱責・磔刑・獄門刑等の展示、大牢部屋など見ながら刑の恐ろしさを偲ぶ。
新撰組隊長「S」矢場で試射、5本中1本のみ有効矢。新撰組は刀だもの!文化劇場若松屋(11:30〜)で約30分花魁ショウを見る。豪華絢爛豪華な花魁に比べ阿保殿様、何と殿様はお客、外人(台湾)だった。南町奉行所(12:20〜12:55)で大岡越前の裁きを見学、
飛び入りの女子高らしき越前の大岡裁きに爆笑。水芸座で約20分水芸(13:00)を見る。何処からでも水が出て面白い。両国座で人情芝居を約30分見て忍者からす屋敷を見学約10分であるが忍者の剣劇で突如現れたり、天井から降ってきたり、壁の向こうに消えたり、
壁から突如出現、どんな仕掛けがあるのだろう。大いに楽しませてくれた。14:00昼食
花魁道中(15:10〜)まで少し時間があったので屋敷や商店に立ち寄り、江戸村を堪能した。特に鬘を修理しているところに立ち寄り、様々な鬘の説明を受け店長の好意で友人「S」の鬘を付けた新撰組隊長の写真は特筆に値する。いよいよ花魁道中(火の見櫓〜日本橋)の見せ場「火の見櫓」に向かう。大勢のお客が今やと待ち受けている。友人「S」のビデオの電池切れ。車まで取りに行く時間なし。私のデジカメで動画として撮ることにした。カメラ買い替えていたばかりなので操作不慣れ、まあ仕方ないと思い前に出て撮影。16:00江戸村を出て霧降大江戸温泉ホテルに向かう。江戸村での楽しいひと時を過ごした事で、この目的を達成した。16時半過ぎにホテルに到着、地下駐車場に車を置きフロントへ。
4階4023号室、角部屋、入ってびっくり大部屋に2人用ソファーがテレビ正面、両側に
計3個あり、机・流し台のある立派な居間、2人用ベッド(机あり)の部屋2室、トイレ
2ヶ所、広々した洗面所、大きな浴場、豪華な特別室、こりゃ間違いではないか?11,500円
飲み放題つきセットではない立派な部屋、帰りに多額な請求をされるのではないか?
確認電話の際、2人用洋室に寝台1台持ち込むと言っていたのに、多額の請求がと、心配になる。「るるぶトラベル」経由の予約の書類を持参しているので問題はないのではないかと?適当に解釈して豪華な部屋で楽しく過ごすことにした。夕食のバイキングは17:30からなので早速入浴、スリッパも鍵付きロッカーに入れ心身ともリラックスする。露天風呂にも入り、満足・満足。
楽しみの夕食:飲み放題付バイキングでまず席を確保。取りあえず手当たり次第に好みの料理をお盆の上にのせて席に戻る。ビールで乾杯。ビールは従業員が持参してくれる。勘定書
に発注の度に書きこまれるのは、監視されているようで嫌な感じがする。60分飲み放題なので時間延長分は追加料金として請求するのでしょう。合理的ではあるが嫌な感じ。我々3人4杯ずつのビールで楽しい一時を過ごす。部屋に戻り歓談。0時半就寝。
翌朝6時起床、雨が降っているようだ。早速テレビで天気予報「雨のち曇り」確認。
友人2人ともまだ起きてこない。6時半、友人を起こす。早速入浴、ゆっくり寛ぐ。佐藤さん・中森さん露天風呂を楽しむ。朝食7時からだが遅れて7時半から朝食。腹一杯食べて
部屋に戻り、小雨のため、チェックアウト11時までホテル施設の見学、土産の購入、残り時間は部屋で懇談。ホテル11:10出発。「霧降の滝」入口に到着(11:28)。小雨のため
傘を持ち紅葉を楽しみながら展望台へ(11:36)3人で記念写真を撮り(11:40)車に戻る。
「霧降の滝」(11:55)を出発〜足尾銅山に向かう。途中道を間違え山道を一回り、目的地を行き過ぎて看板をみて足尾歴史館に到着。計画では予定なし。まあ入ってみようという事になり入館、入館料350円、歴史館の女性が説明を聞きながら往事を偲ぶ。トロッコ電車で銅山の見学と思い入口まで行ったが中止、14:00だもの、高塚峡の紅葉観光中止、しかしながら車窓の紅葉を堪能しながら、日光IC14:30・宇都宮IC14:50・大谷PA(15:00〜15:50)昼食・羽生PA(16:20〜16:40)を経由して無事18:30帰宅。楽しかったな!運転した佐藤さんに感謝しながら旅行記を終わる。




みなかみ温泉1泊2日の旅行(28・9・14〜15)
投稿者:白翁 2016/09/21(Wed) 07:45 No.176[返信]  
久し振りのマイカー旅行、ETC、新カーナビ積載で心も踊る。天気は曇り空まあまあか?
6時18分佐藤さんより電話あり、6時40分自宅前の待ち合わせでもう到着かと思いきやU妙典駅で木原さんと待ち合せが遅れたとのこと、浦安の中森さん15分待てども車来ないので一旦家に帰り、予定より30〜40分遅れで西葛西出発。7:50三芳PA・9:10上里SAでトイレ休憩、10:10名胡桃城址到着。大河ドラマ「真田丸」ロケでNHKが手を入れ、橋・土塁・柵等整備され群馬県指定史跡としてなかなか見応えありました。11:10出発「道の駅 水紀行館」へ。途中諏訪大橋に寄り「パンジージャンプ」を偲ぶ。橋から下を覗くと背筋が凍る。いくら金をもらってもごめんだなU「道の駅」到着(12:00〜12:40)民俗資料館の見学を止め「奈良俣ダム」に向かう。首都圏の取水ダムは推測していたより貯水量が少ない。
これでは取水制限が行われるはずだU資料館で色々見て回り資料をもらう。(13:40〜14:10)途中「洞元の滝」を見たいと思ったが案内板が見当たらず断念。次は矢木沢ダム(14:45〜15:00)見学、展望室から湖水を眺め、水面の低いのにはただただビックリする。矢木沢ダム・奈良俣ダムは首都圏の取水最大のダムで1度是非見たいものだと思っていた。念願が叶い旅行の目的を達成。節水に心がけよう。ホテル到着16:00。チェックイン、畳が青々としており気持ち良い。入浴して18:00夕食(バイキング・飲み放題)良く飲み良く食べたなUカラオケ和室(NO1〜NO7)7部屋あり、我々はその一部屋、専用でカラオケを楽しんだ(21:00〜23:00)。
翌日6時起床、入浴、7時半朝食。出発予定10:00だが佐藤さん眠そう。10:00まで寝かせ10:30分ホテル出発、谷が岳ロープウエイ「ベースプラザ」に到着10:40分ホテルで貰った割引券(210円)を使用し1,850円でチケット購入、天神平迄ロープウエイで登り、リフトで峠まで行こうかと思ったが2人は行ったことがあり、見晴らしは山々だけと言うので取りやめ天神平で写真撮影。予定を変更し、小平鍾乳洞に行くことにした。110kmとカーナビで測定、関越自動車道~北関東道を経由して334号線沿いのそば忠で食事(14:20〜15:00)遠いなU日が暮れてしまう。15:30やっと小平鍾乳洞に到着。入場料310円93m小さな鍾乳洞です。狭い所注意して歩いたのですが頭をがつんとぶっつけました。痛かったこと。脳内出血したのではないかと心配しましたが、その後痛みもなくなり安堵しました。北関東自動車道・東北自動車道を経由して羽生PAでトイレ休憩して19:30無事帰りつきました。


湯西川温泉一泊二日の旅行
投稿者:白翁 2016/02/18(Thu) 09:56 No.174[返信]  
湯西川温泉(ホテル湯西川)1泊2日の旅行 (28・1・15〜16)
集合時間午前8:45 西船橋駅南口9:00発でホテル湯西川直行バス(有)河南バス
ホテル14:00着の旅行計画である。当初上野駅発の予約であったが新聞の朝刊で2月
11日より西船橋〜湯西川のコースがスタートしたことを知り早速コース変更した。
変更の際ホテルより最初のお客と言われ最前列の席になるなと期待。西船橋駅出口で
友人と合流、期待に反して前列より7列目、座席幅の狭い車、無料バスだから仕方ないか?
3人のグループだからか?観光バスの際は、奇数、偶数のグループで差別なかったような
気がしたが。予定より早く集合完了したので予定時間より早く出発。松戸駅西口でお客を乗せ・蓮田SAでトイレ休憩〜龍王峡で昼食(友人はかけそば、私はカレー)し、一柳閣本館
2名のお客を降して予定より早くホテルに到着。チェクイン15:00鎌倉祭り参加希望者は15:00〜予約受付、入浴も15:00からか?帰りのお客で混雑。座る所もなし。何たるもてなしか?「かまくら祭り」の予約で行列、交代で並ぼうかで?当初Nさんが並んだ。バーゲンセールであるまいし、どう考えても道理に合わない。お客を立たせて、行列して待たせることなく参加者の予約を決めるとか方法は考えないものか?例えばバスに乗り切れないならチェックイン後、抽選時間を決めて公開抽選で決めれば良いのに。遊びに来て行列することないのにと思うが?。並ぶことなく座席あれば「かまくら祭り」の会場に行こうと方針転換。旅装も解かず待つ時間は長く感じる。14:40分あと20分か?退屈だから私並んでみると言って行列の後尾に並んだ。予想では乗車人員50名で、どうも無理かなと思う。  フロントまんが来て数を数え始めた。並んでいる人がグループ代表だからどう考えても無理かなと思う。前後左右の人とのお話も楽しい。予約可能と聞いた時は並んだ甲斐があった。私の数人後に並んだ人は予約打ち切られた。予約打ち切られた人が激高していた。そうだよなと自分もその人の立場になれば激高していたかも?部屋の鍵をもらい、チェックイン。部屋は和室広い、6人〜8人部屋か?それと別に3畳の和室と2人の安楽椅子とテーブルが置いている板の間があり、畳は新しく障子‣ふすま綺麗で気分が良い。16:00カラオケ予約受付始まる。早速申し込み「20:00〜20:50分」予約し入浴へ。大浴場、2層あり広くて綺麗。露天風呂は離れていて裸では行けないのが残念。18:00〜20:00夕食。
20:00「かまくら祭り」見学バス出発なので私服に着替え夕食バイキング会場へ。料理品数多く蟹も割合大きく、刺身も良い。特に釜飯が良いと友人激賞。飲んだ、食べた、もういらない。腹パンパンにして「かまくら祭り」会場へ、沢口河川敷ミニかまくら会場に到着、「ミニかまくら」は幻想的な輝きでロマンチックな夜景は素晴らしい。見学時間30分、バス降りて展望場所まで往復時間を含めれば夜景をゆっくり眺める時間なし。まさか「ミニかまくら」とは思っていなかったので認識誤りもはなはだしい。友人も同様な感じ。20:45分ホテルに到着、22:00〜カラオケへ、同じバスに乗り合わせた女性(おばさん2人)も誘い、盛り上がる。50分では短すぎるのでフロントに交渉に行ったが予約で満杯、仕方ないので切り上げ再度の入浴へ、23:30分就寝。
2月16日:7時起床、良く寝たものだ。7時から朝食だが入浴に行くことにした。
N友人タオル忘れたと着衣して部屋に戻ると言って浴場から出て行ったがなかなか戻って来ないのでS友人と部屋に戻る。N友人、入浴中止したとのこと。ぼけてきたのかな?
朝食を腹一杯食べ、部屋に戻りしばし雑談、これが又楽しみ。9時半カラオケ予約受付
(10:00〜10:50)予約確定。露天風呂の時間を念のため聞いてみたら何と「10:00まで、お客さん、あと10分しかありませんよU」友人露天風呂を楽しみにしていたのにと、急いで5F753号室迄大急ぎ戻り、急いで露天風呂へと友人に告げた。こうゆう時に便意を感じ、私はトイレ(大)へ。先に行くよ、部屋の鍵をかけての声を聞く。財布・写真機を持っていたので金庫に収めて行こうと思ったら鍵がない。慌てて露天風呂に直行、風呂には友人以外の2〜3名の人が入浴中。財布等入れるローカーがない。仕方ないので下着にくるんで入浴。露天風呂から前方の山の傾斜面にお猿が動く、なかなか良い眺め。しかし財布が気にかかるので友人より早く湯船から上がる。財布等異常なし、ほっとする。10:00からカラオケ前夜の時間切れの消化不良を解消するがごとき友人熱唱する。
12:00チェックOUT、時間があるので水の郷スノーパークまで散策。子供たちのそり遊びが時間の経つのを忘れさせる。又、美しい川や森の雪景色を眺めての散策を楽しんだ。
ホテルに戻り、友人Sが万札のトランプを購入。ババ抜きをした。最初私がトップ、2回目
友人N3回目S友人と公平な結果で終了。帰りのバスはほぼ満席で一柳本館⇒日光ろばた漬鬼怒川店⇒羽生PA⇒松戸⇒西船橋⇒自宅。19:30無事帰宅。接客のまずさを除けば
良い旅行であったと思う。



「こだわりのバス」の旅(27・10・23)
投稿者:白翁 2015/10/27(Tue) 17:28 No.172[返信]  
「こだわりのバス」の旅(27・10・23)
アサヒビール神奈川工場(見学・試飲)・キリンビール富士山御殿場蒸留所(ウイスキー工場見学・試飲)
笹一酒造(日本酒飲み比べ)・ワイナリー見学・試飲)と4つの工場見学とおつまみ・ミニボトル付の
化粧台トイレ付きバスで出発とのクラブツーリズム(株)旅行企画に魅力を感じて参加。
上野公園駐車場8時10分出発。友人3人で豪華バス前列5列目に座席指定。窓際に佐藤・筑井と通路
を挟んで松山と並び着席、バスは満席(32席)後方に「化粧台・トイレ」。前席との間隔も広く豪華な
気分。新宿からのお客を乗せ海老名SAでトイレ休憩(10:00)。1時間ほどで最初の目的地アサヒビール
神奈川工場に到着。ニッカ—ウイスキーの創業者「竹鶴政孝」氏のパネル展をみながら案内嬢の工場
案内を待つ。原料・仕込み工程・発酵熟成工程・ろ過工程・パッケージング工程と見学。従業員20名
程で交代勤務、作業は殆んどオートメーション化されておりその施設に、ただただビックリ。設備投資に
何年で回収出来るかと?思う。いよいよ試飲。3種類のビール○1スーパードライ○2ドライブラック
○3ドライプレミアムと試飲。飲みつけているのか?最初の飲みものか?わからないが最初の「スーパー
ドライ」が1番美味しいとの友人共々の感想である。12:30次の目的地ウイスキー工場(キリン)に
向かう。車中で「おにぎり弁当」をもらい昼食。量は少なく完食。13:12分到着。御殿場に2年住んで
いたが富士山御殿場蒸留所を知らなかった。ウイスキー工場見学は初めてある。ビールと何が違うのだろう。
NHKの連続ドラマ「マッサン」で観た工場風景を思い浮かべながら工場見学。特に銅製の蒸留釜を
現視し感激。試飲は2杯、「富士山麓」が美味しかった。時間に追い立てられ(14:30)笹一酒造に
向かう。笹一酒造は以前何回か来たことがある。松山さんが敷地に大太鼓があったが「ないな」と、
私も思い出した。しかし松山さんよく思い出したと感心。酒の飲み比べよりワイン販売に力を入れて
いるのか?錯覚。友人ワイン2本購入。今日最後の目的地「ワイナリー見学」(16:30〜1650)
ここにも何回も来ている。「ワイン」の飲み比べ。現地のみの販売と言う「ワイン」を購入。友人達
も購入。ほろ酔い機嫌で帰路につく。中央高速の石川PAでトイレ休憩して新宿でバスを降り、都営
地下鉄「大江戸線」に乗り、門前仲町で営団地下鉄「東西線」で乗り換え、帰宅(18:30)
つまらない退屈しのぎの日帰り旅行でした。
記事No削除キー


フロム・エー・ナビ
無料着メロサイトめろりん♪
みなくるホーム
ハンゲーム



RAK2ホームページ作成
>> 誰でも作れる、超!簡単な無料ホームページ
あなたのホームページ・メールマガジンに広告を載せてみませんか?
成功報酬型で広告費を支払うエーハチネットがおすすめ。
  簡単!無料HP
  @games
  ゲーム特集
×