東 京 進 学 セ ミ ナ ー
東京都日野市南平2-61−34



塾長プロフィール

■東坂塾長のプロフィール

北海道生まれ。
中央大学法学部卒。同大学院中退。
在学中家庭教師・塾講師となる。府中・八王子で教室長を務め、1988年(昭和63)に日野市に塾を設立。

教える教科:小・中学生に英・数・国・理・社、高校生は英・小論文。

趣味:登山 高山植物撮影 古寺社めぐり 
音楽(クラッシック…バッハ以前の宗教音楽〜日本の作曲家まで、ジャズ、ロック)
落語 ピアノを弾くこと 陶芸
本はジャンルを問わず幅広く読む。特に好きなものとしては詩歌(万葉集から現代までの短歌、俳句、詩、漢詩)、好きな小説家は、山本周五郎、藤沢周平、伊藤桂一、乙川優三郎(以上時代小説)、谷崎潤一郎、宮本輝、辻原登、池澤夏樹、他のジャンルでは政治学者丸山真男、精神科医中井久夫の著作。

□HP担当から

 東坂先生はいろいろな知識や趣味を持っています。勉強とともに、幅広い教養をこの塾で身につけ、人間としても成長してくれることを期待しています。
 ときに雑談からも学ぶことの多いのが、この塾のいいところです。いろいろな話をどんどん聞きだしてくださいね。

◆当塾は、開塾以来四半世紀、人材の育成と環境の整備に努めてきました。真摯に私塾としての教育に取り組んでいます。

【HP担当からの一言】
☆近頃の塾事情(塾のブラック化!?)
 近頃塾(特に個別指導塾)の乱立が言われています。その中には、安い授業料で生徒を集め、教えるのは学生バイト、正規の職員(正社員)は教室長だけで、利益は本部が吸い上げるというような、いわゆるブラック企業といわれるものが多くみられるようです。このような塾では、成績の管理や進路指導の責任まで学生バイトに担わせているようです。(2016.12)

☆進路指導してるの?
 最近埼玉で、個別指導塾に通っている生徒に関し以下のような事例がありました。
 その生徒は公立高第一志望だったのですが、併願する私立高を選択するに際し、塾側の指導がなかったため、併願確約がもらえるはずの学校の説明会がすべて終わってしまい、併願確約をとれなかったのです。その結果、私立は一般受験、公立を一発勝負となってしまいました。

 当塾では開塾以来一貫して、専任教師が成績の管理から進路指導まで責任をもって行っています。また授業料も、その責任に見合う額で低廉に設定させていただいています。(2017.1)

☆集団指導のいいところは…
 集団指導がある塾のいいところとは何か、お分かりですか。

 それは、授業できちんと全体を通した説明が受けられることです。

 との教科でも体系的な理解は必要ですが、個別指導だけだと出来ないところの個別的な説明に終わり、知識の抜けているところが生じてしまいます。

 これは受験では(受験に限らずの各教科の理解、ひいては一般常識の理解にとって)とても危険なことで、偏った理解になったり、知らない部分が試験に出れば当然できないということになります。

 集団授業はついていくのがたいへん…ということもあるでしょうが、他の生徒と競いながら理解を深めていく、教科の全体をバランスよく理解することは、受験のみならずバランスの取れた人格を形成するうえでもとても大切なことなのです。

 当塾では、集団授業で各教科の体系的な知識を教えながら、少人数で個別対応をとるという方式を採用しています。(2017.3)






フロム・エー・ナビ
無料着メロサイトめろりん♪
みなくるホーム
ハンゲーム




RAK2ホームページ作成
>> 誰でも作れる、超!簡単な無料ホームページ
あなたのホームページ・メールマガジンに広告を載せてみませんか?
成功報酬型で広告費を支払うエーハチネットがおすすめ。
  簡単!無料HP
  @games
  ゲーム特集
×