WELCOME TO MY HOMEPAGE
行動する会 働き人
やられたら、しっかりとやり返す。しっかりと元を取り返す。その地点で初めてゼロに戻る。されど舐めるなふざけんじゃない!そこから、さらに押し返す。だって、俺たちの「寛容」に過ぎた沈黙を、それでも叩き潰したのは、オレ達ではない!アンタ達だからだ!





トップページ
プロフィール
リ  ン  ク
伝言板
行動隊日記
2007参院選「なめ憲」勝手連展開中!



行動する会 働き人!!



参院選挙が終わり若干のブレーキが掛かった感があるが、まだまだ私達は注視していかなければならない。何故なら、「議会制民主主義」とやらの裏社会、さっそく「アメリカ」さんが物申す。「テロ特措」法、つまりは国家としての他国に対しての戦争を何十年と仕掛け、現在もアフガン、イラクはもとよりイラン、そしてイスラエルを経済、軍事援助することによってパレスティナへの国家的テロリズムを敢行し続けているアメリカ。その「アメリカ」さんのテロリズムを援助し続ける法律がこの「テロ特措」法だ。法華経とは昔の人はよく言ったもの。ホウ、ホケキョウはあってもこの国には言葉の正しい意味での「法律」は存在していない。法治の近代原則の理念が最高法である「憲法」であるならば、さらにこの世界に戦争と経済格差、南北問題が存在し続ける限り、近代という概念、法治という概念さえ、「似装」にしか過ぎぬが、わたしたちはインターナショナルに理想としてのさらなる国際人権条約や国際法廷の存在があることを認める。つまりは国家の暴走やそれを発動させる為政者達に時代を超えてもブレーキ、いや「圧力」を掛け続ける存在が最高法規としての「憲法」であり、例え現在にあっては遥か高峰に存在するかに見える「世界憲法」なのだ。そこを頂点として「法治」を考えていくならば、答えはシンプルで、法とはなによりも民衆の側のもので無ければならない。憲法9条はもとよりそのほとんどすべてが破られている法と言う名を借りた規則だけが乱立し、さらには毎年の国会により量産されつづける我が国ニッポン。三権分立など教科書以外には存在せぬ我が国にあって「司法」はほぼ機能していない。何故なら憲法に明記されている「違憲立法」審査、違憲法廷が存在しない状態を注視せよ。それを最高裁判所が兼任していると言うならば、我が国の現代憲法施行以降の判例を数例だけでも読むがいい。何故に、私達は立法府と言う名の国会にて量産される「違憲」法に対して、直接に提訴することが出来ないのか?なぜ、金銭の価値を記入した上での「国家賠償」制度としてしか、ほぼ違憲を提訴することさえ出来ないのか?さらに注視しつづけよう。あの小泉政権の「構造改革」とやらの形がようやく見えやすい形で現象化しているのが、現在だからだ。そしてそのさらなるからくりを遡って行けば、この国の民主主義とやらのファシズム構造が明確化される。国会とやらの議会制民主主義とやらの多数決によって、法律が通過し制定され施行されていくまでの時差のからくりを巧みにりようしてきたのが、この国の政権与党の本質だ。忘却を悟性に結び付けたがる、洞窟の中の仙人が多数を占めるこの国の土壌にあって忘却を許さぬ事。忘却こそ罠なのだと気づくこと。8月6日、8月9日のアメリカによる原爆投下。敗戦を民衆としての安堵と開放感ゆえに「終戦」と呼びたいならば、現在も生きておられるこの国の先達たちよ、どうか若者に、後輩達へと語りつづけて欲しい。そして、私達は先人の静かな声に耳を傾け、その思いを学びつづけなければ行けない。米軍基地辺野古に住む「国民」の声そして身体を張った戦いに「自衛軍」という名の軍隊を差し向けるわが国ニッポン。この実際の虚偽加減を大人たちは子供達にしっかりと話せるのか!

 ああ許すまき原爆を三度許すマジ原爆を、、、、。

許していけない奴等は許してはいけない!

この国などと日本語でインテリらしく評論するのにももう飽き飽きだ。この国を私達の手で私達の国へと奪え返そう!!そのこと抜きに分かった振りした国際主義をその幽霊を説くこと無かれ。本当に「闘った」先人達よ!そして時の日本政府が棄民としたシベリヤを始めとする各地の無念の死者たちよ!安らかあれ!釜ヶ崎や山谷を初めとする寄場で亡くなった魂よ安らかあれ!

そして隣国の民を、沖縄を、フィリピンを、中国を、そして朝鮮への侵略を無かったなどとのたまう政治家達を、教科書をまかり通させているわたし達日本人の大人たちが国際主義だの、世界などと「理念」の先行だけで決して語ることなかれ!

主権在民とは 

わたし達やあなた、あなた達が主人公なのだから

行動する会 働き人!!

大阪市西成区天下茶屋東2−9−16

 п蒜ax06-6653-8283

d_action9@yahoo.co.jp

郵便振替口座 00980−7−2064447

行動隊は隊員の会費で活動費を捻出していますが、週2回の釜ヶ崎センターと三角公園のビラ配布各900枚。隊設立から、月2回、行動隊通信誌を発行してきました。(現在は紙面を充実させるために月刊) もし、わたし達の活動に御賛同していただける方がいましたら、カンパの程、よろしく御願いします。尚、その際には、カンパと明記してください。

あと、今年に起こった釜ヶ崎の住民登録の解放会館の当事者が、本人の事情を差し引いても、2088名の方々の住民登録が削除されたまま、自身の法廷闘争は続けるが、その2088名の方々の法廷闘争は行わないとの、闘争放棄の発言をしましたので、私たちがこの闘争を継続することになりました。わたし達自身もどうにかして財政的な基盤を整えなければならないのは、当然ですが、こちらの方へのカンパもお願いします。その際には、法廷カンパと明記してください。現在、自力にて大阪高裁にて住民票削除差止め裁判に勝利した労働者が、これまた個人にて2件の裁判を継続中です。彼はこの間、型枠大工の仕事で貯くわえたお金などを切り崩し、闘争を継続しています。その他、近日中に、新たな提訴を行います。なぜなら、大阪市が行った今春の2088名の「住民票削除」は現行の住民基本台帳とそれに繋がる公職選挙法を盾とし、野宿者や各地を転々とする建築・土木労働者であることを理由に選挙権の行使やその他の社会保障や日常生活に制限を加える、つまりは国民でありながら「人非人」と断言したことと同じだからです。

賛助会員も年会費1口5000円から募集中。賛助会員には毎月の行動隊通信の発送とメーリングリストに参加することができます。その際には、振替書に賛助会員と記入してください。

どうか賛助のほどよろしくお願いします




RAK2ホームページ作成
>> 誰でも作れる、超!簡単な無料ホームページ
あなたのホームページ・メールマガジンに広告を載せてみませんか?
成功報酬型で広告費を支払うエーハチネットがおすすめ。
  簡単!無料HP
  @games
  ゲーム特集
×