心の世界との繋がり・・・
光のかけ橋
ヒーリングワーク 瞑想ワーク
癒しのエネルギ ーワーク アチューンメント ヒーリング 各種伝授

[ホーム] [書込み・記事の修正削除] [全記事リスト]


FC2WEB

みなくるビデオ

みなくるホーム
 
アットゲームズ

What's new

1ページ目に最新〜7件の新着情報、2ページ目に過去8件〜60件の新着情報が記載されます。



  全体の側面の一つ
Date: 2020-03-28 (Sat)
またバシャールの書物に記載されてあるように、過去世の記憶というのは、今現在、その瞬間とつながっている、

過去の世といってもそれは別な人生であって、そこからダウンロードしたりしていると語っていますね。

興味がある方は、バシャールの書物を読むと良いですよね!


自分の過去世と思っていても、実は全体の存在の側面のひとつが地上に生を受けて、

その時の過去の情報を読んで、それが過去世と呼んでいるみたいですね!?

前世は〇〇だったと言うよりも、全体の存在の側面の一つ

その別な側面の一つの事を言っているようですね。



その情報を読んで過去世と言っているみたいですけど、

高級霊がおっしゃつているのは、自分の過去世とは本体の側面の一つが生を受けて、

その時のその過去の情報を読んで、それが過去世と思っているという事みたいです。


自分の全体の存在というのか?

そのしずくと言うか?欠片が生を受けて今現在の存在が自分です。

その自分が、全体の存在に帰って、また一つになる時に、(統合)?

異質的な自分が、全体に帰って行った時に濁ってしまうのだろうかはてな?

汚してしまう事にならないともならない!?

過去は過ぎ去っていますから、今更どうする事もできない

それはこれからの為にあったのだと思い、思い行いを心の指示にして、

再構築して行くしかありません!!


まず気づきがあって、初めて変える事ができますからね。

そういった意味で、気づきが重要になってきますね!!



これは余談ですが、宗教さんがこんな事言っていました!?

修行して行くと、ある存在、あかの他人が現れるはてなマーク

あかの他人が現れて来ると行っていた宗教さんがいました。

自分の過去世の情報を読むというよりも、多分その過去世(側面の一つ)が現れ

自分を明け渡すような?


現れると言う事はね、その情報を読んだという事でしようかね!?

別の何かになったとは違う

自分も若いその頃は、もし宗教化さんが言っていたようなあかの他人になったらどうしょう

自分が消滅して、あかの他人になってしまう、そんな不安になった事がありました。


もう〜随分昔のことだから、記憶があいまいになっていますが、

その頃の自分の理解不足だったのでしょうね?


自分の情報を読んで、過去世は〇〇

あかの他人が〇〇が現れて、明け渡すのとはまったく違う

やはり自分が追体験して、初めて理解が出来ましたね。

本質的には、何も変わらなった

ほんと過去世の事とか?

宗教化さんが言っていたような赤の他人?(側面の一つ)ごちやごちゃになってしまいそうだけど、

今現在に軸を持つ事が何よりですね。

夢物語りは夢物語りだけで良いのですね。

ほんと今現在が問われるのです!




古代霊シルバーバーチ最後の啓示 (スピリチュアリズム珠玉の名編) (日本語) 単行本 – 1994/12
トニ オーツセン (著), Tony Ortzen (原著), 近藤 千雄 (翻訳)

シルバーバーチ(引用)

霊の一部が個体として物質をまとい、地上へ誕生する段階がやってまいります。

それを二度、三度、四度と繰り返し。その体験によって身につけたものが全体へ付加されていきます。

一個のダイヤモンドがあって、それに幾つもの切子り子面(カット)があるのと同じの総合的結果としてダイヤモンドが全体が一段の一つです。

これにもある程度の選択の余地があります。

いったん地上生活を送って帰ってきた霊が、どうしてもやり遂げたい目的があって、

もう一度地上へ降誕したいという場合に、それが許されることもあります。


個々の分霊の地上への降誕は一回きり、つまり自我の本体としては再生はあっても、分霊としては再生はないと考えてもよいでしょう

それは すべき目的があるかによります。

同じ分霊が二度も三度も降誕してくることがありますが、それは特殊な使命がある場合に限られます。




古代霊シルバーバーチ最後の啓示 (スピリチュアリズム珠玉の名編) (日本語) 単行本 – 1994/12
トニ オーツセン (著), Tony Ortzen (原著), 近藤 千雄 (翻訳)


  日常におこす一瞬一瞬の思い
Date: 2020-03-21 (Sat)
コナン・ドール 人類へのスーパーメッセージ(引用)

物理的な世界における具体的な行動だけでなく、心の臆底で何をかんがえるが、ということも重要だからです。

その理由は、人間が、死んだ後に行く霊の世界は、思いの世界、自分自身の思いの世界だからです。

つまり、現在住んでいる外的な世界ではなく、内的な心の状態の世界なのです。

人間が抱く思いは行動を促します。

さらに、人がとる行動は自分のまわりの人々に何らかの思いを引き寄せます。

かくして、結局思いの世界に戻ることになります。

まさに、人間は撒いた種を刈り取るのです。

「広い意味で考えれば、人間が蒔く思いの種は行動であると解釈することができます。

しかし今の地上を去って最初に直面するのは、自分の思いの世界だからです。」



八正道の最初に正しく見るから始まっている、それから正思(正しく思う)、正語(正しく語る)

まず見方から始まって、正しく思うと続きます。


ドナンが言うのには、地上を去ったのちに行く霊の世界は、思いの世界 


また一念三千と智は説いていますね

わたしたちが日常におこす一瞬一瞬の思いが、現実や死後の世界を創造しているのでしょうね。

そうだとするならば思いと行いを心の指示にして、日々精進していなかいといけませんね


もしかしたら大多数の方はいつも感情に流され、そんな事も考えようともしないかも

いちいち気にしすぎ、そんなん気にしていてもしょうがないと言うかもしれないですね。

そう言った方に限って、引き寄せとかにはとても興味があるようですけどね。

でも観念や思考を変えていかないと、現実は変えられないようです。


でもね気づきあって、初めて変えていけるのですね。

たがら軌道修正するのには。気づきがとても大切ですね。

そのてんにおいて気づきがあって、初めて現実が変えていけるのです。

再構築するのには、気づきがあって、変えると決心して行う事以外はないのです。



ただ再構築を言うのなら、これも言わないといけないと思っています。

自分は想念帯を開いていて、その想念帯のなかにある抑圧されているエネルギーの開放がいかに大切か?

重要か?

それを自分は良く解っているのですね。

本来の自分に立ち戻る、取り戻す?

その過程には、想念帯のなかにある抑圧されているエネルギーの開放する事以外はないと思っているのですね。


もし現実にあまり良くない現象が現れて、絶望のなかにいる方には再構築はもちろんですが、

まず、再生できると信じて、光と希望を見つめ変えると決心して行う事

そうしないと、誤魔化かして、生きて行く以外はないのです

それじゃあ〜非常に勿体ないなぁと思います。

変えられる、変えると決心して、再構築して行く事だと思います



八正道の中の一つに正しく思うがありますが、思うことは考えること、

思う行為は考えることは、想像行為でもあり、自己の運命をよくしたいと思うなら、

まず正しく思う事をしなければならないと高橋信次師は言っておられますね。

そのためにはモノの見方から変えていかないといけません。

八正道の最初に正見があります。

正見の尺度は神の心なのです。

その出発点は第三の立場で、自分を見、相手を眺める

だから八正道の最初に正しく見るから始まっていると言われています。

それから正思(正しく思う)、正語(正しく語る)正業(正しく仕事をする)正命(正しく生活)正進(正しく道に精進する)正念(正しく念ずる)正定(正しく定に入ること)と続いています。









  心が破れたのちに顕現する
Date: 2020-02-25 (Tue)
瞑想とかしていて、澄みわたった大空のようになる。

それで悟ったと思うかもしれないけど、その澄わたった大空のようになった心が破れたのちに顕現するとありますが、

これは体験した者しか理解されないかもしれないですね。

だいたいが見ていると、文字のせんさくに明けくれているのですね。

そう澄みわたった大空のようになる気持ちになって、我がなかったとか?

至高体験をしたと言って、あたかもそれがすべてであるとか

でも、破れたのちに顕現すると言うまで行っていない。

そういう方があまりいないのですね。

まして言っている方もいない!?


それには神仏のご加護や師の恩恵なくしては開くのは難しいのです!!

その事を体験しているから、自分は良く解るのです。


禅的には正しい坐相をねらって筋肉と骨格で、思いを手放し

雑念にふりまわされず、祗管打坐して行く事が大事だと言う事になるのではと思います。

また、マントラを捉えている方は、雑念を捨てて、マントラに成り切る事だと思います!!


精神集中に集中できている自分をも対象をポンと捨てないと開けてこない!

集中できている自分もポンと捨てないと、悟りの手前までともう少しと言うところまで来ている状態なのに

元のもくやみになってしまいます!!


ほんと禅なら祗管打坐して行く

マントラならマントらになりきる!?

一種の三昧になって、神の力との合一がおこる

主体とは自分自身のことであり、また客体とは対象物を指します。

なりきるとは、我を忘れて対象物に溶け込む主観と客観の合一だと思います。

座禅修行や瞑想においては、スカッとする時もありますし、気分が滅入る事もあります。

内山老師は曇りには曇りなりに、雨の日には雨の日なりに、晴れの日には晴れなりに、

その時、その時の生理現象、心理状態がある事が当然であり、

それはそれにふりまわされず、その風景として手放しをして行くことが大切だとおっしゃっていますね


ただ、澄わたった大空のようになっただけでは駄目で、その大空をぶち破る!

そしてその後に顕現するというものです。

そしてそのままにしていて、それが悟るというものではないのですね。

これは終わりの始まりでもあるのですね。

でも、これは神仏のご加護や師の恩恵によって開けて行くのです


日記にも書いていますが、まず普通の意識状態を超え、意識の限界に達した時、意識の境界線を越えて、

最後に一瞬の飛躍があり、主体と客体の合一な体験をする事になるかもしれませんと自分などは言っていますが、

それには神仏のご加護・師の恩恵なくして到底達成はできないと何回も自分は言っています

体験すればきっと理解ができると思いますよ。

普通の意識状態を超え、意識が限界に達した時、意識が境界線を越えて、

最後に一瞬の飛躍があり、主体と客体の合一な体験をする事になるかもしれません。


  何を意図して行ったか?
Date: 2020-02-17 (Mon)
男性でもよくこんな事を言う方がいます。

男性の浮気は女性は許せないけど、男性は女性の浮気は許せると言う方が中にはいます。

こういった方は財もあって、地位がある男性だろうかね?

いっぱい女性が近寄って来るから、そういう事になるのかもしれないけどね。

でもお金の切れ目は縁の切れ目と言いますが、ほんと蜘蛛の子を散らすようにね去っていく

おだてられ祭り上げられて、すべてがなくなった時に、初めてその方の価値が解ると言うものです!

でもね、モテる男性はそれだけ魅力があるからだと思います。



自分の知っている方に、土〇の酋長と周りで冗談で言われている方がいます

若い時に結婚して何回も再婚して、子供が何人もいる。

何人お嫁さん貰ったのか?

でも噂ではそんなにお金持っている聞いた事はないけどね。

お互いが同じような波動しているから、類は友を呼ぶのでしょうかね!?

そういった素質があるのでしょうね。


また最近は、既婚者の方で別れるから、お付き合いをしたいとかはてな?

上手くいっていないとか?

誘い水みたいな文句を言っては、誘うようだけどね。

恋愛においては、相手との信頼関係を何よりも大切ですね。

またお付き合いをして、合わないから別れたなどは別にして

信用は初めからあるのではない。

作り上げるものと思います!


自分もそんな誘い文句を事を言われた事もありますが、まずちゃんと別れてからの事だと!

ほんと恋愛にうとい自分でも言われた事がありますが、旦那とうまくいってなくて、

別れるからお付き合いをしたい?

彼がいるけど。いけない事なのとか?

でも、多分より多くな男はそんな事言われるとコロッとなると思う。


別れるから、お付き合いをしたいとか?

上手くいっていないとか、そういう誘う男性は趣味なのではないかな?

こういった方に限って、あんたも同じ、

誘われたら行くよと、人間はいつ死ぬか解らないから

遊べるうちは遊ばないと、勿体ないとね

でもそうならない。

自分の周りにいる方もそんな方はいないね!

でもほんの一握りの方だと思うね。


宗教団体の信者さんが、前にこんな事を言っていましたね。

不倫していて、悪いと事だと知っていて、行ったなら

多少罪とか後悔があるからまだ良いけど、

不倫をして、悪い事だと知らない者はもっと悪い

今の時代真理をしらなかったというのはもっと悪く

何故なら今の時代知らなかったと言うのが、罪と言っていました。

自分はそうじゃあない。

何を意図して行ったか?

まして罪や後悔が少なからずあるのなら、よした方が良いと言った事がありますね。


また愛があればと言う女性もいますが!?

愛と言ったって、何でもかんでも許せる事はない

何を持って愛なのか?

その為に子供や家庭を壊しても?

不幸に貶めても?

それでも?

なんも感じない?

これじゃあ動物と一緒だよ!

自由意識は責任が伴うといいますけどね!?


それと暴〇団の方でも愛はあるのですね。狭い愛もあるのです!!

自分がどのステージなのか?

ここを知っていないとね。

不倫している方も二号三号がいると自慢する男

どうー暴〇団の方の愛と違うのか?

まぁ〜何を言ってもこういった方は聞く耳を持つ方はいないと思う

それがその方の霊性なのかもしれないですねパー


意識が全てを引き寄せると言いますが!?

ただ被害者が加害者でもあり、加害者が被害者でもある可能性もあるかもしれないですから

いちがいには言われないけどね。

お互いが祝福された世界から、設定して生まれてまた出会いも別れもあり

誰もが変容できるドラマを演じ事ができるかもしれないと言う事だと思います。

ポイントはこの変容できると言う事でしょうかね!






  重力から解放され、呪縛から解き放たれる
Date: 2020-02-16 (Sun)
幽体離脱は、死の瞬間やって来る離脱と同じものだったら、こんな素晴らしいものはない。

いったん幽体離脱したなら、もう〜こんな重苦しい重力を感じる世界などは、戻ってきたくないと思えるほど素晴らしい貴重な体験です。

ほんとこんな体験をしたら、現実世界には帰りたくないと思う方もいるかもしれませんね。

それだけ至高体験なのだと思います!


ほんといくつかの離脱でも幽体離脱だけはまったく違いますね。

もし死の瞬間に同じような状態だったら、これはとても素晴らしい貴重な体験になると思います。

体験上確かにシルバーコードらしきものが繋がっているのが見えましたしね

なんと言うか精妙でまったく重力を感じず、それに爽快そのもので、これなどはとても筆舌には伝えられない

また悦の体験とはまた違った意味でも素晴らしいものです!?


ほんともう〜こんな重力のある制限されているような世界には戻りたくない。

自由奔放な世界にずっといたいと思える体験になりましたね。

もし死が同じものであるならば、こんな素晴らしいものはない。

重力から解放され、呪縛から解き放たれ祝福意外なにものでもない。

一度体験したら、二度と戻って来たくないと思う方もいるかもしれません。

自分は出来ることならば、ずっとそんな中にいたかったけどね。

でも、自分はまだまだやり残している事があるからと?

そう思ったら引き戻されていました。



でもチャクラが活性化したり開花したりしたらそんな体験はできるのですね。

このシルバーコードが切れた時に、死を迎える事になるのでしょうかね。

そしてすべての方が解き放たれ祝福された世界に還って行くと思います!?

ほんと幽体離脱はクラウンチャクラが活性化した時に、そういった体験をするのかもしれないですね!!


こんな事いったらどうかもしれないけど、自分の場合は幽体離脱以外はまったく興味がなくてねはてなマーク

体外離脱や夢の離脱とかとありますが、幽体離脱に比べたら色あせてしまいます。

波動がまったく違うようで、なんて言うか?

精妙さやすがすがしい感じ方もまったく違う

言葉では言い表せないのです。

ただ幽体離脱は誰でも体験できるとは言い難いし、難しいかもしれないですね。


体外離脱のこれはそんな難しい事ではないと思います。

ちゃんと優秀なトレーナーさんもいますし、ヘミシングとかもありますからね。

ただ感じ的には完全なるリラックスと言うものが、求められるかもしれません。

そうしたら、少しずつ振動が始まっていつの間にか離脱しているかもしれないですね。


それと幽体離脱は、これはクラウンチャクラが活性化したり、開花したりしたら

そんな体験が出来るのでは思っています。

だから同じ離脱と言っても、まったく違った体験になりますね!


もし死の瞬間やって来る離脱が同じものならば、生きている時にそんな体験をしていたら

きっと死生観が変わるかもしれないからね。

人間とはいったい何なのか?

何者なのかとつくつぐ思ってしまいそう。

ほんと肉体を超えた存在だと謂れがありますが、ほんとそのように思ってしまいます。


離脱の話で長くなったんだけどね

誰もが死を迎える事になりますが、死の恐怖が解放されたならばどんなに良いだろう!!

それを少しでも負担をなくさせられ、少しでも伝えられる自分でありたいなとは思っています。

それと見送ってあげる方が万歳三唱で見送りできる時代になったならどんなに良いだろうと思っています。

ほんとこの重苦しい重力から解放され、呪縛から解き放たれ

魂は祝福されている世界に還る。

きっと歓喜に満たされることだろうね。

この世の仕事が終わったのだから、労をねぎらって祝うそんな時代にいつなれるのだろうか!?

根本的には、道徳とか思想とかいろいろなしがらみがあると思いますが、

それをすべて寛がえす偉大な存在が、もしかしたら現れている時代かもしれないですね


ただ自分の周りでも、何名かは自ら命を絶った方がいました!

でもなんもしてあげられなかったけどね。

その方の体験というならば、なんら間違いはないかもしれないけど、

でも周りそうはいかない

あらゆる動揺や影響もあります。

それを見てどう思うか?


長く身体を患って、それでも耐えている方もいますよよ!

老おいて、身体が思うように動かず転んだり、頭や顔を打って痣になって、

それでもまだお迎えが来ないと嘆いていた方など、いっぱい見てきました

それを耐えて、誰もが逃げないで生きているのですね。


でもね、自分と言わず、誰もが自分の魂修行しているのですからね!!

ただ光を否定して、自ら命を絶った方は光を否定したんだから、

そのように重苦しい重力から解放され、呪縛から解き放たれたと思っても

どうだろうか?

光を否定したのだから、


誰にも苦しくて逃げたくてどうしょうもない事もあります。

それを耐えて、誰もが逃げないで生きているのですね。

自ら命を絶った方は逃げと言えばそうかもしれないけどね。

でも責める気持ちは起きない。

魂が張り裂けんばかりで、その方にとっていっぱいいっぱいだったのでしょうね。


残された者が自分を生き切って、死の時が訪れた時には縁のある方がお迎えに来てくれる

それには恥ずかしくない生きかたをして、めーいっぱい持ち時間を生き切らないとね。

その為には、思っただけでは駄目で、行動を伴っていないといけませんね!!

自分などは実際はサイの河原みたいなもので、河原で石を積んでいても、もう少しというところまで来ると必ず鬼が現れて崩されると言いますが、

それを崩しているいる者は、鬼ではなくてほかならぬ自分自身なのですよ。


また身近で、縁のあった方と別れ悲しみ打ち拉がれ、悲しみに明け暮れている方もなかにはいると思いますが、    

神との対話にもありますが、!!

悲しみを、自分やほかのひとたちを助ける為に役立たせる事ができるかもしれない。

そのようにすけば、悲しみを意味づけ、目的をもたせることができる。

あなたが経験したような大きな悲しみは、ときに人を情け深く、繊細に、思いやり深くする。

大きな悲しみを経験した人はね残りの人生をずっと怒りをもって陰鬱に過ごす事もできるが、愛と幸せに生きるという選択をする事もできる。

愛と幸せを選ぶ人たちには、悲しみに向き合っている人びとを助けるための完璧な道具が用意されていて、それに取り組むことで、大きな満足と喜び見出すことができるのだ。

AD


  宝物を逃している
Date: 2020-01-31 (Fri)
八正道は小乗であって、小さな悟りと言われているそうですが、正法には大乗も小乗もないそうです。

お釈迦様がいろんな経験を通して、中道のへの道は、八正道以外にないと悟ったと言われています!!

また瞑想とかしていても、八正道も知らない方もいるのですけどね!?

正しく定に入る事(瞑想)以外の事、正しい見る事、正しく思う事、正しく語る事、正しく仕事をなす事、正しく生活をする事、正しく道に精進する事、正しく念じる事

瞑想とかしていて、定に入る事(瞑想)次の7つの事

この当たり前を実践をするのは、瞑想していく上でもこれらを実践するのは当たり前の事ですよね?

正しい見る事、正しく思う事、正しく語る事、正しく仕事をなす事、正しく生活をする事、正しく道に精進する事、正しく念じる事

この(瞑想)以外の事について実践していないと、瞑想していても実践をしないとなると悟る事は難しいのでははてなマーク


それと正道とか何か?一度考えたら良いのですね。!!

また八正道それすら知らないと言う事は、宝物を逃していると思います。

それがとてつもなく大事で、正しく定に入る事(瞑想)を行っている方は、正しく定(瞑想)意外7つの実践をおこたわるという事は

瞑想をしていない事に等しいのではないだろうか!


八正道を知らずして、定に入る事(瞑想)を行うのはどうだろうか!?

自分としては悟りを開くのには、八正道以外はないと思っています。

八正道は小乗であって、小さな悟りという方もいると聞きますが、果たしてどれだけの方が悟っているのでしょうかね。

大乗も小乗を言う前に、まず己の悟りを開く事が大事だと思います!

その前に八正道の正しい基準は何か?という事が問われると思いますね。

ほんと八正道が実践していく事が、高い霊性に繋がっていくのではないでしょうか?



高橋信次師などは、このようにおっしゃっています。

八正道は己の心を中道という調和に引き戻す神の模範、

心が自然についていける自分自身になった時に初めて菩薩の行が整ってくると言われています。

八正道も知らず、心の調和も為し得ない者には菩薩行は為し得ないと言われていますね。

高橋信次師はこう言っておられます。

八正道とは己の心を中道という調和にひきもどす神の模範であり、

その模範に無理がなく、心が自然についてゆける自分自身になった時に、ひとは初めて菩薩行をなしえるのであると言っています!!


[200] 八正道の正しい基準は何か? Date:2012-03-05 (Mon) 光のかけ橋

お釈迦様は長い苦行の結果、八正道を日々行ずる事によって、悟りへの道が開けてくると教えています。

八正道とは正しい見る事、正しく思う事、正しく語る事、正しく仕事をなす事、正しく生活をする事、正しく道に精進する事、正しく念じる事、正しく定に入る事、の八つです。

お釈迦様がいろんな経験を通して、中道のへの道は、八正道以外にないと悟ったと言われています。

八正道の正しい基準は何か?

高橋信次先生の言う正しさとは、自分の立場を離れて、常に第三者の立場で、ものを見る、聞く、語る事が大切で、心の安らぎと全体との調和と言うことみたいです。

その調和は、より高い次元の調和を尺度とする事だと言われています。

AD


  本来の自分を取り戻す
Date: 2019-09-17 (Tue)
カルマの洗い直しという現象が現れてきますという事なんですけどね!?


まるでテープレコダーのように一瞬、一瞬記憶され録音されているのです。

自分などはカルマの巣と言われているものを、開いていますからその事を良く知っています。

悟り(見性)体験後その時にカルマの洗い直しが起こってきました!



これは誰の受け売りもなくて、自分の実体験でもありますが、



開祖や一部の修行者と言われている方などは、こんな道を通って行ったのです。

まるでテープの逆戻しみたいで、身体器官やチャクラの箇所からタカの爪みたいに深く食い込んでいる抑圧されているエネルギーが、

ほんと沸いては消え頭上に上がって、空間に解き放されて行きました!!


想念帯には、カルマの巣みたいにサイダーの泡如くエネルギーが詰まっています。

例えを言うならばサイダーの栓を抜いて、その中からいっぱいのカルマのエネルギーがサイダーの泡如くあがってきます。

これらの抑圧されている感情エネルギーを解放する事が、本来の自分を取り戻す事になるのです!!


感情の病気や原因不明の病気など殆どが、深層意識の中にある抑圧されているエネルギーなので

その抑圧されている感情のエネルギーは自然と消えてはいかないのですガーン

深層意識の中で異熟され、いつかは顔面に躍り出て来るのです。

軽いものなら中和されて、あまり影響が少なく済むかもしれないけど、強い抑圧されている感情エネルギーなど、

身体や性格に強く色こく現れているのではと思っているのです。

また自己中心な方や我の強い方などは気質として現れているようですが、カルマと言うよりもカルマの巣にネガティヴなものを詰め込んでいるのです!

それと魂の癖として現れているようです!!

自分では自然過ぎて自分で解らないから、それがあたり前と思っている。

でも、それらが霧が晴れるように消えてなくなったりしていけば、そうのような癖や気質があったのかと気づく事になると思います!?



顕在意識と潜在能力には隔ててある壁があるのです。

その一部が崩れてしまうと、それまでに抑え付けられていた心の中の抑圧されているエネルギーが顕在意識の表面に上がって行くのです。

奥の底から少しずつ湧き上がって行き、上昇するにつけ圧力は次第に大きくなっていきます!!

そして水面(意識)まで上がってくると、それがある種のエネルギーだと解ります!!

その潜在意識の上層からダムの堰を切ったように、エネルギーの噴出が起こります。

やがてこれまで閉じ込められていた下層から、徐々にダムの堰を切ったようにエネルギーの噴出になります。

これは良く自分はこのように言っています。瞑想とかしていて、期が熟されたなら、

想念体に亀裂がはいって、サイダーの泡如く堰を切ったように湧き上がって行きます。

その泡をで尽くせれば、それから精妙な状態を超えて、最後には純粋意識の状態に到達するようです。

 >>全記事リスト

超簡単!無料HP
Click Here!
   アバターでコミュニケーション!ココロもつながるオンラインゲーム@games
Original CGI:- Sun Board - System:- RAK2 -