高野瀬順子のHP
動物と、光る海と、花が大好きなフリーランスライターです♪
穏やかな人が好き。威圧的な人は苦手なの。

[ホーム] [書込み・記事の修正削除] [全記事リスト]



Click
My Diary

1ページ目に最新〜過去7日分、2ページ目に過去8日〜60日分の日記が記載されます。



  reste
Date: 2017-11-21 (Tue)
reste


  もう一度、どうしても・・・
Date: 2017-11-17 (Fri)
全国的に 今日までの上映だと 知って
関東圏を探したら シネスイッチ銀座のみが ヒットした

10月5日に 横浜のジャック&ベティで観た 『エタ二ティ〜永遠の花たちへ〜』
予告編を観ただけで 公式HPも観ないで行ったが 私好みの作品にひきつけられた

2度めだと 内容は解っている 
今度は じっくりと 背景や人物の目の動きまで見られる

なんて美しい映像! どのシーンも 切り取って絵葉書にできるくらい
そして なんて深い内容!! 作者の死生観が根底にあり 生の喜びや 悲しみが綴られる

人は見送るために生まれてくるのか? 
生まれ 愛を注がれ やがて いちばん美しい時期を迎える

でも その時間は とてもとても短くて 悲しみを知る 
短い命を終える我が子たちを 絶望の淵で看取る 見送る

それでも 女として生まれたら 結婚し 神様から授かるままに 出産を繰り返す
時代が異なるからだが 仕事に生きる女性ではなく 家族の中で生きていく 市井の女性たち

この30年間ほど 『八月の鯨』以上に 好きな映画に恵まれなかった
でも この作品は 同じか超えるほど 深くて とにかく 美しい

やがて ブルーレイかDVDが出るだろう
何度でも 何度でも リプレイしたい 素晴らしい作品・・・



  湯島天神〜新宿御苑と、菊花観賞へ
Date: 2017-11-15 (Wed)
今年はもういいかな? このところ毎年行っていたし そう思ってはいたけれど 
菊人形が 縁ある井伊家の直虎や直政と知って やっぱり足が向いた

菊人形 子供時代は 同じ沿線にあった 多摩川遊園地の中で 毎年公開された
祖母に連れられ 幾度も観に行ったことが 忘れられない

通勤ラッシュ時間を避けて まずは湯島天神へ 明治神宮前駅で乗り替えて湯島駅
いつもなら そこから歩いて御茶ノ水に出 アテネフランセまで行くのだが…

なんと 新宿御苑の 皇室ゆかりの菊花展が今日までと知って 
そうなると こっちも見たいと 湯島から霞が関乗り換え丸ノ内線で 新宿御苑前駅へ出た

新宿御苑は そもそも雑多な新宿が嫌いなため 滅多に行かない場所だったが
東横線に副都心線が乗り入れ 新宿三丁目駅まで1本で行かれるようになってから たびたび訪れるようになった

この皇室ゆかりの菊花展は やはり 他とは違って 珍しい品種が勢ぞろいする
広い日本庭園に 散りばめられた種類別の菊を 順路に沿って観賞

子供の頃にはまったく記憶にない 嵯峨菊や 肥後菊 1本の木から500前後の花が一斉に咲く大玉の菊…
どれも見事で 見惚れてしまう 漂う香りも どこか懐かしい

ふと 祖母の気配を感じた
花が大好きだった祖母は きっと私が花を愛でている時には 傍にいてくれているのだろう

会いたいな 会えなくなって もう34年と7か月
私がただ一人 心から甘えられた人

新宿御苑から JRの新宿駅まで歩いて 嫌いな山手線に乗って 渋谷まで
慣れ親しんだ渋谷は やっぱり どこかほっとする

そして また 慣れ親しんだ東横線で 我が家へ・・・



  慶応大学キャンパスの銀杏並木
Date: 2017-11-11 (Sat)
ひどく疲れていて 気づいたら びっくりするほどの朝寝坊
人は 体の疲れ以上に 精神的な疲れに 影響を受けるようだ

地域のフリーペーパーに載っていた 日吉駅傍でのフリマ
なんでも 何年かぶりだそうで 覗いてみようと思い立った

日吉は 駅改札を出て すぐ右手に 慶應義塾大学の教育学部がある
校舎に向かうまでの 銀杏並木は この時期の名所

まだすべてが黄葉ではなく 緑と黄のコントラストが美しい
若い人たちも 一斉に スマホのカメラを向ける

大学のキャンパスは やはり どこか のんびりとした空気が流れ
ひとときの 現実逃避を 助けてくれる

日吉のメール通りでのフリマは 店舗が少なすぎて さほど見ごたえはなかったが
それでも 好みのブラウスを 100円でゲット 安物ではないので ラッキーだ

帰りは最寄駅のひとつ手前で降りて 今日のウォーキング歩数分をかせぐ
少しだけ 気分転換になった



  無題
Date: 2017-11-10 (Fri)
離れていて 会わないでいれば 少しは思いやれる そう思っていたが
電話で ギャーギャーと 自分のことばかり まくしたてる

自分のことしか考えられないのは 今も 昔も 同じ
いや 齢をとって 尚更ひどくなったようだ

電話を切る すると 留守電に入れられる
それがたまらなく嫌で 留守電機能を 解除する

この人が何故 私の母親なのか
人は 親を選んで生まれてくると いう人もいるが

私は この人のせいで マイナスからのスタートだった
そして また 今・・・

こちらの 神経が まいってしまいそう
また パニック障害が再発したらどうしよう

不安で たまらない
夜 眠れない

なんという 母の下に 生まれてきたのだろう
これも 今生の 私の課題なのだろうか



  定期血液検査
Date: 2017-11-08 (Wed)
12週に一度の血液検査 今回は体重が1.5kg増加で ヘモグロビンA1cも上がっていると覚悟した
結果 前回は5.9 今回は6.0 思ったほどは上がっていなかったが やはり・・

「筋肉がなかなか付かなくて、それは多分タンパク質の摂取量が少ないからではないかと・・。
筋肉量をが少ないと認知症に影響するし、筋肉を増加させるためには、たんぱく質+糖質が必要だと聞いて」

そう説明すると 若い担当医は「筋肉がなかなか付かないのは、ホルモン異常の可能性がないわけではないので
次回の血液検査に、その項目を足しましょう。ま、あくまで可能性の範囲ですが・・」とのこと

5年前の10月13日 突然歩けなくなって その年の12月から脊椎虚勢を受け
治療が終わったのは 翌年の9月 その際は 骨は完全に元通りに治っていた

それなのに なかなか しゃがめない
畳に座ることはできないし 床に体育座りをしようにも 床に体を付けることもできない

筋肉が なかなか 付いてくれないのだが それを治してもらえる 医療機関が見つからない
「神経内科は?」と 先生 でも痛みがあってしゃがめないわけではない

いくつかの持病がみつかり その専門医にかかるようになってから 知った
医者って 驚くほど 自分の専門外のことは 知らない

身近にそういう臨床例を見ない場合は ほんとうに 素人と同じレベルなのだ
素人の方が 身近に患者がいれば もしくは 自身にあてはまりそうなことは 勉強している

はてさて これはもう もっと もっと 臨床例を探すしかない
素人ゆえに 難しいことではあるのだが・・・




  インターナショナルスクールのフードフェス
Date: 2017-11-05 (Sun)
横浜は山手地区 外国人墓地斜め前の横浜インターナショナルスクールへ
毎年恒例の 父母たちが作る家庭料理を 屋台で買って食べながら 子供たちのイベントを見る

春は この学校と近い サンモールインターナショナルスクールで 同じ趣旨のイベント
今年も 両方に顔を出すことができ 楽しい時間を過ごせた

春のサンモールのほうは フランス人も多くいるが
横浜インターナショナルのほうは 英語圏の人が多くを占める

その中で 食べられるもの・・ インド人の屋台で インディカ米の炊き込みご飯を
スイーツコーナーでは アメリカ人のお母さんが作った ココナッツとライムのパウンドケーキ

どちらも 日本のレストランにはない 家庭の味そのもの
インドの炊き込みご飯は 数々のスパイスと インゲンマメなどの野菜が入っている

カタコトの英語で レシピを聞く
そうか そういう工夫があるのか・・・

横浜の山手地区傍に住んでいるインド人は おそらく夫がIT関係の場合が多いだろう
日本に来たばかりらしい女性に 日本語も話せる女性が付いていて 細かく説明をしている

子供たちはというと 英語をベースに放しているが 日本語を耳にすると とたんに日本語
どちらも まったく疑いようのないパーフェクトな発音で 最初からバイリンガルやトリプルリンガルなことを 羨ましく思う

秋晴れの校庭 子供たちのコーラスが始まって かわいらしい歌声に 不覚にも涙がこぼれた
異国で過ごす 子供時代 この子たちの未来が ずっとずっと平和で輝いていますように



 >>全記事リスト

Click Here!
超簡単!無料HP
Original CGI:- Sun Board - System:- RAK2 -