東 京 進 学 セ ミ ナ ー
東京都日野市南平2-61−34





トップページ
塾長プロフィール
リ  ン  ク
勉強のやり方のコツ



当塾は1988年(昭和63年)6月に日野市南平に開塾しました。
地元に根差した信頼と安心の手作り教育を提供しています。

お問い合わせ
☎ 042-593-6215

夏 期 講 習 会
後期8月19日(金)開講です!
夏期講習で学力のアップと生活の規律を!
【後期】8月19日(金)〜8月29日(月)※8月24日(水)休み

体験授業参加受付中〜2週間無料で受講できます。

小学生英語教室開講中〜英語の基礎から丁寧に指導します。



↑南アルプス鳳凰山より日の出前↑

★東坂塾長からのメッセージ〜夏期講習に向けて★
 8月19日(金)から夏期講習後期が始まります。学力定着には講習は重要な役割を持っています。

 学力は反復に反復を重ねることによって定着します。中間・期末テスト(小学生は日々のテスト)でいい点を取っているからと安心してはいけません。それは短期記憶と同じようなもので、終わったら忘れてしまいます。それを長期記憶にするのが講習なのです。学力がきちんとついている優秀な子は、きちんと受講しています。

 受講中で欠席の日がある場合は他の日に時間を多くすることで補講(振り替え)できます。

<夏期講習会>
学年期間時間費用
小学生前期 7/23(土)〜8/02(火)※7/28(木)休み

後期 8/19(金)〜8/29(月)※8/24(水)休み
午前10時〜12時(午後も可)算数・国語:全期35,000円 半期20,000円
中高一貫対策(小5・6):全期45,000円 半期25,000円
中学1・2年生午後7時15分〜9時45分(午前あるいは午後も可)英語・数学:全期45,000円 半期25,000円(1科目も同じ)
中学3年生午後1時〜6時15分(7時15分〜10時は補習)英語・数学・国語・理科・社会 ※全期必修80,000円
※費用でご相談のある方はお気軽にどうぞ。

【7月・8月・9月の予定】
予定
7月4日(土)二中・七生中学校公開
19日(火)塾1学期授業終了日
20日(水)学校終業式 塾生成績表持参
23日(土)夏期講習会始まり
【前期】7/23(土)〜7/27(水) 28日(木)休 7/29(金)〜8/2(火)
【後期】8/19(金)〜8/23(火) 24日(水)休 8/25(木)〜8/29(月)
8月2日(火)前期夏期講習修了
3日(水)〜18日(木)塾休み
19日(金)後期夏期講習始まり
29日(月)夏期講習修了
9月1日(木)学校2学期始業式 塾休み
2日(金)3日(土)塾休み
5日(月)塾2学期始まり

指 導 方 針
少人数制責任指導 定員制を用いて、一人ひとりの学習内容にあった指導をしています。
細かな個別指導 一人ひとりの進度や能力に応じた指導や試験対策を実施しています。
進路指導の徹底 最新の入試情報に基づいた面談を実施しています。
自習室の開放 学校や塾の宿題、テスト勉強がいつでもできます。
小さな図書館 塾には本がたくさんあります。書物に親しみ豊かな知識を身に付けましょう。

相 談
 各種相談を随時実施しています。費用は無料、外部生も可能です。 お気軽にご相談ください。
入塾相談 時間帯、費用など入塾に関するご相談。
進路相談 中学、高校の進路に関するご相談。
学習相談 勉強方法、学習習慣など日常の学習に関するご相談。

小学生の勉強の大切さ
 小学生の勉強は4年生からとても難しくなります。算数で具体例をあげてみましょう。
小4
@90gは何kg。A55+25×4÷2

小5
@体積の問題で「たて」の長さを求める。□×3×6=216
A□×2.8−1.5=16
B約数、素数、最大公約数、最小公倍数、通分、分数と小数のまじった計算、比例。

小6
@1日に20秒ずつおくれる時計があります。15分おくれるのに何日かかりますか。
AA、B、C、D、E、Fの6人から、2人ずつすもうをします。対戦の組み合わせは、全部で何通りありますか。
B1kmの長さを4cmにした縮図上で10cmの長さは実際に何kmですか。
C点対象とは何ですか。

 以上、小学校で習う一部です。大人でも解くのが難しいことがわかると思います。小5の□を含む問題では□をxにすると、中1で学ぶ一次方程式になります。また、小学生全学年に共通しているのは文章題を解くのを苦手とする子がとても多いことです。きちんと読み取って、式をたてることができないのです。これは国語力、すなわち読解力の不足です。

 英語では、中1になってヘボン式ローマ字を知らなかったり、忘れていたり、英単語、英文を読むことはできても、書くのがなかなかできない子がいます。小5あるいは小6のうちから訓練しておくことで、ずい分楽になると思います。

中学生の勉強
部活との兼ね合い
 中学生になると部活が活発です。特に運動部は要注意!練習が長時間の部活は確実に勉強に響きます。小学生のとき、勉強が今いちだった人は特に注意です。小学校の学力が定着していないので、中学校の勉強についていけないお子さんが多いです。高校では、成績が一定以下になった場合、退部させるところもあります。中学でも取り入れてほしいものです。両立は勉強のできる子にとってもむずかしいです。両立には強い克己心が必要です。

携帯・スマホに注意
  勉強の障害となるのは携帯・スマホです。小・中学生(高校生も)のうちは、きちんと親が管理してあげるべきです。料金は親が払っているのですから、きびしく制限するのは当然のことです。例えば夜9時以降は親が預かるとかしないと、子供は深夜までやってしまいます。当然寝不足になります。学校の授業中に居ねむり、塾においても!となって勉強どころではなくなってしまいます。

中1・2年の勉強の大切さ
 中学1・2年の勉強がおろそかになっている子は、例外なく3年になって苦労します。いくらがんばってもなかなか伸びてくれません。中3生は、中学1・2年の復習をしつつ、3年の勉強をしなければなりません。部活が終わる夏ごろから頑張るだけでは足りません。

 高校はきちんと学力のついた子を取りたいのです。その証拠に都立校では1000点満点中700点を入試に割り当てています。あと300点は、3年2学期の通知表を内申点にあてています。

 学力定着には反復が欠かせません。反復こそ学力定着の正道です。講習をしっかり活用することです。「できない子にはやさしくていねいに、できる子にはきびしく」がわが塾のモットーです。

クラスのご紹介
 私どもでは生徒一人ひとりの性格・学力をしっかりと把握したうえで個別的指導を中心に授業を行っています。少人数制ですので個別対応が可能です。
小学生クラス
通常クラス
国語 基本に教科書準拠ワークを使い、新聞を活用したり、作文を取り入れたりして書く力をもつけさせます。
算数 基礎学力を確実に付けるように教科書準拠ワークを使います。よくできる子はどんどん進めます。2学期に1学年上の算数に入る子も出てきます。
英語クラス
 中学校教科書が改訂になり、英語もかなりむずかしくなりました。今までは1学期中間テストはそれまで英語学習をしてこなかった生徒でも楽勝でしたが、そうはいかなくなりました。

 小学校での英語は簡単な会話重視で成り立っています。中学英語は会話、説明文に加えて、書く力が要求されます。アルファベットは大文字は簡単ですが、小文字がむずかしい。

 私たちの塾では正しく書くことから始め、ローマ字の復習もおこないます。ヘボン式ローマ字をマスターしていただきます。例えばsi(シ)→shi、ti(チ)→chi、tu(ツ)→tsu、hu(ふ)→fu、o(オー)→Oのばす音は1語で表わし上に「^」や「−」をつけないなどがヘボン式ローマ字で、英語の発音に近づける書き方です。以上のことに慣れたら英語に入っていきます。

中学生クラス
通常クラス
英語 基礎を固めるため教科書準拠ワークを使います。さらに教科書の予習として、自力で単語の発音、意味調べ、英文の和訳を宿題とし、チェックします。授業の終わりには毎回教科書の暗唱・書きテストをおこなっています。
数学 その日のノルマを達成できなかった人は英語同様、翌日などに補習します。また、よくできた人は英語も含めてですが、どんどん先へ進めます。補習はすべて無料です。
国語
理科
社会
 中3以外はふだん(希望者を除いて)授業をしていませんが、中間・期末テストのおよそ2週間前から対策勉強をおこなっています。特に理科には時間を多くかけます。このようにテスト対策を早くからスタートするのもわが塾の特徴です。もちろん日曜日もおこないます。この場合、テストのある当月のみ、対策費として3,000円だけいただいています。

東京進学セミナーの取り組み
〈月謝の設定について〉
小学生、中1・2生 昨今の経済不安により塾通いが低下しています。そこで小学生・中1・2生が塾へ来やすくするため、学年ごとに月謝を定め、とても安く設定しています。また、曜日も月〜金まで自由に選ぶことができます。週2日にすると勉強が楽になります。週1日では宿題の量が増えたり、前回やったことをすっかり忘れているということもよくあります。
中3生の受講料 中3受験生には都の受験生チャレンジ支援貸付があります。年間20万円まで貸し付けを受けることができ、合格すると返済が免除されます。手続き等に関しては当塾までお問い合わせください。

〈成績の評価について〉
市教育委員会への「評価の公平、つまり学校間の小・中生への通知表評価の不公平さ」に関しての是正要請(2010年9月)
 塾には複数の学校の生徒が通っているので、通知表の比較検討できる立場にあることから、学校によって著しく差があったり、先生によって同様のことがあったりすることが、まま見受けられます。その結果、中高一貫志望者及び中3受験生においては、とても不利な立場になる子も出てきます。そこで、具体的な例を挙げて厳しく抗議しました。

 たとえ受験生でなくても一生懸命がんばっているお子さんが、他の学校または他の教科と比べて、バランスのとれた公平な評価を受けないことがあるというのは、子供のやる気をそいでしまいます。
市教育委員会への「通知表評価の不公正さ」の是正要請に関しての回答について(2010年10月)
 市教育委員会への「通知表評価の不公正さ」の是正要請に関して回答がありました。

 「A小・B中へは是正要請があったことを通知しました。学校間格差に関しては管理職を集めての全体会議等において取り上げていきます。」とのことでした。学校間格差については盲点であったと述べていました。(自治体間格差に関しては以前から問題視されていました。)

 成績のつけ方に疑問・不満のある場合は、親はきちんと説明してもらうことです。学校の先生方は説明する義務がありますので、疑問のままにしておかないことです。迷う場合は当塾に相談してください。今までに何人かの生徒の成績が修正されたことがあります。


東京進学セミナー
☎ 042−593−6215
東京都日野市南平2−61−34

(南平四丁目交差点入り右側)




RAK2ホームページ作成
>> 誰でも作れる、超!簡単な無料ホームページ
あなたのホームページ・メールマガジンに広告を載せてみませんか?
成功報酬型で広告費を支払うエーハチネットがおすすめ。
  簡単!無料HP
  @games
  ゲーム特集
×